樹花鳥獣図屏風(右隻) 伊藤若冲筆鳥獣戯画 蛙と兎の相撲樹花鳥獣図屏風(左隻) 伊藤若冲筆

小野浩についてHiroshi ono Plofile

小野浩|通称「Mr.ドットマン」

通称「Mr.ドットマン」。
1979年 ㈱ナムコに入社。2006年 ㈱バンダイナムコゲームスに転籍。 2013年に独立をするまで、ドット絵の作成をはじめ、ロゴデザインやゲーム筐体のグラフィックデザインなど、デザイナーとして活躍し、80タイトル以上のものゲーム開発に携わる。

在籍時には、『ゼビウス』『ギャラガ』『ニューラリーX』『マッピー』『ディグダグ』など、数々の名作ゲームのドット絵を手がけており、往年のゲームファンからは、「ドット絵の神様」「ドット絵の魔術師」と呼ばれる。

2016年にドットアート&プロダクトブランド「Mr.ドットマン」を展開。 現在、ゲーム関連のデザイン業務に加え、ゲーム以外のコンテンツ(映画、アニメ、特撮番組など)とのコラボ商品の開発や、製造業(タイルメーカー、香港のスピーカーメーカーなど)とのコラボ作品づくり、ドット絵のワークショップなど、精力的に行っている。

Mr.ドットマンのこだわりparticular

Mr.ドットマン小野浩による16x16ねずみ

ドット絵の英語表記は通常「PIXEL ART(ピクセルアート)」だが、当時ドット打ちと呼ばれていた業務や、ナムコの代表作である『パックマン』がドットイートゲームと呼ばれることなどから、小野はドット絵の英語表記を「PIXEL ART」ではなく、あえて「DOT ART(ドットアート)」としている。
また、1980年代初頭のゲームは16×16ピクセルでひとつのキャラクターを表現していたため、小野は現在もなお、16×16ピクセルというサイズにこだわって製作をしている。

コンテンツ実績Contents

  • Mr.ドットマン40th ANNIV. TEE
  • どっとはん
  • 全日本テーブル筐体愛好会コラボアッシュトレイ
  • Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- ドットワークス
  • Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- 後編
  • Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- 前編
  • Mr.ドットマン40周年記念アイテム
Tivoo Mr.Dotman Edition
  • ドットの拳GIGAちゅ♡King'sGiga

Pagetop